電車で隣に座ったおじいちゃん・・・経歴を伺ってびっくりしました(汗)

先日、大阪の病院に行った帰り。

たまたま隣が父と同じくらいのおじさん?
おじいちゃんでした。

ファイルに英字新聞が見えたので
なかなかしゃれたおじいちゃんだなぁと思っていると

『ほんと日本は暑いわぁ、こんなに暑いならくるんじゃなかったわ』

と。

スポンサーリンク

イギリス在住の76歳現役脳神経外科医のおじいちゃん

いきなり話をふられ、びっくりしたわたし。

『そうですね、まだ梅雨でムシムシしてますし』

と、言うと。
おじいちゃん、にっこりとしながら話を続けます。

『僕はイギリスに住んでるからねぇ。20℃くらいだから堪えるわ』

と。

なるほどー、だから英字新聞だったんだ。
と、こころの中で納得。

すると、自分は現役の脳神経外科医で
まだ12時間のオペをしていると。

父と同じくらいの年齢なのに・・・まだ現役!
しかも、学会のために日本にきてらっしゃるとのことで。

なかなか普段接することのない方にどきどきしてしまいました(笑)

どうやら

灘高校⇒京都大学医学部主席卒業。
イギリスに渡り、ケンブリッジ大学に入学して
イギリスと日本の医師免許をお持ちだそう。

お子さんお二人も脳神経外科医。

しかも・・・犬を11匹(セントバーナード)
そのために50坪の家を建てたとのこと。

家にはメイドさんが二人いるとか(^^;

なんだか、住む世界が違いまーす(汗)

数年前から、日本の医学生を受け入れされているそうで
無償でお預かりし、教えていらっしゃるそうですよ。

それは、父がそうしていたからと、おっしゃっていました。

預かる学生は必ず一人。
人数が多くなると、日本語で話すようになるからと。

あと、言われていたのが

『昔に比べると東大・京大の学力低下が著しい』
『本当に勉強したいのであれば、お金が許すなら海外に出た方がよい』
『英語は必ず話せた方がよい』

など、いろいろと教えて下さいました。

あとは・・・娘に対してお婿さんの探し方でしょうか。
これが、一番嬉しかったかも?(笑)

電車の中でのたった30分ほどの会話でしたが
自分の知らない世界が垣間見れて、楽しかったです^^

出会いに感謝ですね^^