日焼け止めを塗らないのに、シミが出来にくい理由

少し外に出かけるだけで
ジリジリと肌が痛いくらいの日差し。

焼けないように、バッチリ日焼け止めを塗っている方も多いはず。

でも、わたしはここ20年くらい塗っていません。

アトピー肌なので、汗をかくとベタベタしてきて
痒みが出てくるというのもあるのですが。

必要性を感じていないから

というのが、大きな理由です。

スポンサーリンク

体の内側からのお手入れほど効果を感じやすい

もちろん、焼かないのが一番だと思いますが
わたしの場合は例外なく

日焼け止めを塗ること=肌が荒れてしまう

に、なってしまうんです。

成分が肌に合わない・・・
そのくらい肌が弱いと言った方がいいのかもしれませんが。

アトピー持ちなので、どうしても合わない成分があるとダメ。
夏はその上汗をかくので、それはもう痒くて痒くて。

そんな理由から、20年以上日焼け止めは塗っていません。

でも、塗っている人に比べてシミが多いかと言われると
そんなこともないんですよね。

塗らない分、日焼けするので対策を考えているからなんです。

特に、今年お世話になりっぱなしの
リポスフェリック VITAMIN Cと病院で扱われているアルテマ水素サプリ

どちらも日焼けで出来る活性酸素を除去してくれます。

ご存じの通りビタミンCは、美白にはかかせない栄養素。

しかも、このビタミンは特殊な加工が施されていて
通常のビタミンサプリが吸収率30%のところが、ほぼ100%。

飲んだ翌日の肌が違います^^

私自身、高濃度ビタミンC点滴(25g)を毎月しているのですが
翌日の肌は本当にぷるぷるで、弾力が違います。

芸能人の方が通われるワケですよね。

やはり、外から塗ったりするよりも

内側からケアした方が、ダイレクトに結果に結びつく

ことを、体感しています。

リポスフェリック VITAMIN Cアルテマ水素サプリ
どちらも抗がん作用があるので、病気予防にも続けて行きたい。

この2つのサプリは、これからも続けていこうと思っています^^