歯石取りに、プロ仕様のスケーラーを新調しました

ペットでも人間でも同じですが

口の状態は身体を表す

と、言われるほど
口腔内の状態は体調に大きく影響を及ぼします。

ですから、我が家では口腔内ケアにも力を入れています。

少し前から気になっていた、つくねの歯石。

歯石除去をしようかどうか悩んでいたのですが
気になるスケーラーを発見したので、使ってみることにしました。

スポンサーリンク

プロ仕様の平型スケーラーを使用してみました

以前にもお話させて頂きましたが
我が家は、薬を使用しない治療で有名な須崎動物病院にかかっています。

須崎先生は、病気の予防の一環として
口内ケアを強くオススメされていて。

実際、病気の子達の口内は決まって悪いようです。

先住犬のなすびは幸い、口内ケアはきっちりしていたので
そのことは指摘されなかったのですが。

やはり大きく関わっている事は間違いありません。

つくねは、朝晩須崎動物病院の口内ケアセットでお手入れをしており
そのおかげで歯石もあまりついていなかったのですが

・・・ちょっと気になってきたので

うん、大きな歯にたまってますね。

あまり素人がガリガリするとよくないようですが
ちょっとチャレンジしてみることにしました。

そこで購入したのが、プロ仕様のスケーラー

以前使用していたのとは、全く違っていて
とてもしっかりとした作りです。

プロ仕様のスケーラーだけあって
とっても厚みがあります。

レビューでも、すごくキレイになると書かれていたので
つくねさんご協力のもと、かりぽりしてみました。

ピカーン(笑)

どうでしょうか?

我が家の愛犬達は、奥までお手入れさせてくれるので
スケーラーを使用するのも問題ありません。

とっても助かっています^^

歯茎を見て頂けれるとお分かりになるかと思いますが
6歳(人年齢43歳)の割には、歯茎の腫れはどは一切ありません。

以前、犬好きの方に

『年齢を当ててあげよう』

と、言われ、おもむろに歯を見て

『1歳前後だろう』

と言われて、びっくりしたのを思い出しました(笑)
年齢をお伝えすると、すごく驚かれていました^^

そのくらい犬の歯のお手入れって
まだまだ浸透していないんでしょうね。

最後まで自分の歯で美味しく食べて欲しいので
これからも口内ケアは頑張っていかなくては。

人間のお手入れももちろん!

関連記事です
知っていますか?30代後半以降の歯を失う原因のトップは歯周病なんです

頑張らなくては(笑)

プロ仕様のスケーラー、良いお仕事をしてくれたので
大切に長く使って行こうと思います^^