小さな負担で大きな安心『フェニックス共済』に加入しました

関西では、先日の地震と台風21号被害が大きく
修理を待っているご家庭も多いと聞きます。

わたしも仕事柄(設計)どんな状況なのか聞くことがあるのですが
修理も人手が足りなくて、かなり待って頂いている状況とのこと。

わたしも微力ではありますが、少しでも図面を早くあげなくては。

たまたま今回、我が家では被害はありませんでしたが
明日は我が身。

絶対はありませんから。

スポンサーリンク

年額5000円の掛金、フェニックス共済に加入しました

もしかしたらご存じない方も多いかもしれませんね。
フェニックス共済は、兵庫県のみの制度なんです。

この制度は

阪神淡路大震災の教訓から生まれた制度

だそう。

わたしがこの地震を経験したのは、ちょうど成人式の年でした。

京都の大学で一人暮らしをしていたのですが
地元での成人式のため、実家に帰っていました。

実家は被害はありませんでしたが、それでも震度5。
かなりの揺れに、飛び起きました。

電車もJR神戸線は不通になり
京都にも、動いている電車を乗り継いで帰宅しました。

電車が復旧した後も
車窓から見える神戸の街の状態は本当にすごくて。

地震の怖さをまざまざと見せつけられました。

だからでしょうか?

ミニマリストとうたいながらも、防災グッズはたっぷりと。

関連記事です:台風、地震と続き、今一度防災用品を見直しました

フェニックス共済も、大阪で地震が起こったのを機に
火災・地震保険の内容をチェックした上で、追加することに決めました。

本当にありがたい制度で

年額5000円の掛け金で、最大600万の給付金

もともと加入していた、ヘーベルで契約した保険でも
かなりの部分はカバーされているのですが。

それでも、全壊、半壊などの判定基準のハードルは高く
それほどの期待は持てないと、よく耳にします。

ですから
フェニックス共済は、少しの足しにでもなればいいかなと。

他の地域でも、こんな制度あるかもしれませんね。
やはり調べてみないことには、分からないこともありますから。

我が家が契約したのは

住宅再建制度 + 一部損壊特約

一部損壊特約は、年額500円で入れます。
ですから、年額掛け金は5500円ですね。

災害がないことが一番ですが
制度は上手に活用して行ければいいなと思っています^^