冬の冷えは大敵!寒さで弱る腎を温めて免疫力を高めよう

冬になると、泌尿器系疾患が増えがち。

膀胱炎
尿道炎
結石症など。

わたしも過去二回ほど膀胱炎になったことがあります。

経験したことがある方はお分かりになりますよね?

なんとも言えない残尿感。
それと、突き上げる痛み。

薬を飲めばすぐ治るものとはいえ
一度かかると、二度となりたくないものです。

スポンサーリンク

冷えに弱い腎を温めて、病気を予防しよう

腎臓は、内臓の中でも冷えに弱い臓器と言われています。
それはなぜか?

背中の表面に一番近いところにあるからだそう。

どの臓器もそうですが・・・
冷えてくると血流が悪くなり、臓器の動きも鈍くなります。

すると、暑い夏なら大丈夫な膀胱炎などにかかりやすくなります。
そんな理由からも

腰、お腹、下半身辺りを温めると良い

と、言われるんですね。

そう、わたしも以前お話させて頂きましたが
ほぼ一年通して、ばかぼんパパです(笑)

関連記事です:実はわたし、バカボンパパになっています(笑)

夏もエアコンで冷えるので、少し薄手の腹巻を使っています^^

オーガニックコットンなので、チクチクもまったくないので
娘と二人こればかりを愛用。

その上・・・わたしは嵐の桜井くんでお馴染みの
めぐりズム 蒸気の温熱シートも使っています。

冬になると坐骨神経痛の症状がちらほら出るので
出始めると、悪化する前に貼ります。

関連記事です
お金も全くかからない、1日たった30秒で不調が良くなっていく健康法

日頃から、腹巻をするだけ、温熱シートを貼るだけ。
とっても簡単に予防が出来ます。

温めることは、人間だけでなくワンちゃんにも有効

もちろん、人間だけでなくワンちゃんも温めてあげることは大切。

ある獣医さんが

腎臓が弱るのは夜なので、夜温めることがとてもよい

と、言われていたので。

我が家では温灸を夜にするようにしています。

少しのことですが
これから寒さが厳しくなってくるので。

温めることを取り入れて
健康維持に役立てて行きたいと思っています^^