浪人生の大変さが、娘を通して伝わってきます

いよいよあとひと月ほどでセンター試験。
娘の同級生もたくさん浪人しています。

娘は、浪人を選ばず私学に進学しましたが・・・。

本人はもちろんのこと、親御さんのお気持ちを考えると
本当に大変だなと思います。

娘からちらほらと、浪人生たちの声を聞きます。

スポンサーリンク

あの時、私学を強く勧めて欲しかった

同じクラスだった男の子に言われたそうです。
それはなぜなのか?

去年より、より一層私立大学が厳しくなっているから

数年前から定員を絞ってきているのですが
娘の受験もかなり厳しいものでした。

合格だろうと思っていた大学が不合格。

娘の同級生もかなり苦戦していました。
娘自身も、合格していて本当によかったと言います。

去年よりもワンランク下の私学まで受験する。
その男の子は言っていたそう。

ある子は、国立がダメならもしかしたら
娘の学校に一年後に入学になるかも?と言っているそう。

かなり厳しくなっている様子がうかがえます。

娘自身

あの時の実力では、受かっていなかった

冷静に分析していて、私学には納得して通学しています。

それでも、本当に頑張っていました。

その努力はずっと見ていたので
学ぶ姿勢は、大学生になっても生かされています。

その姿勢は、社会人になってからも生かされていくでしょう。

私自身も、去年は本当に神経をすり減らしていたので
大学受験と聞くと、本当にぎゅっとなります。

あと数ヶ月、後悔のないように。
受験生のみなさま、桜咲きますよう。

身体に気を付けて、頑張って頂きたいと思います^^