大学の奨学金利用率は、やっぱり50%前後みたいです

娘の友達の受験結果もほぼ出そろいました。
自宅通学の子もいれば、一人暮らしの子も。

娘と学費や仕送りの話をしていたところ・・・

『友達も半分くらい奨学金借りてるよ』

と、初めて聞き驚きました。
もっと少ないだろうと思っていたからです。

やはり大学はお金がかかるということですね。

スポンサーリンク

どこまで親が出すのか?我が家の場合

我が家の場合ですが・・・
これが厳しいのか、甘いのかは分かりません(苦笑)

親:学費・通学定期代・自動車免許費用・資格試験費用・教科書代

娘:被服費・美容費(化粧品・美容院代など)・外食費・部活動費用


医療費も・・・虫歯が出来た分は自腹など。
こちらは歯を大事にするように仕向けた結果です(笑)

定期健診やコンタクト費用などは親持ちです。
もちろん病気の場合も出します。

自動車免許費用もバイトから捻出している子もいるようですが
夫婦共、親からの援助で取得したので。

基本的に毎日お弁当は持たせる予定ですので
勝手に外食する場合などは自腹です。

どうでしょうか?

奨学金を借りずに済んだことを感謝しています

娘から聞いた奨学金を借りている学生の率ですが
私立大学と国公立大学ではまた違うと思います。

ですが、以前住宅ローンの借り換えの際に聞いたお話では
やはり半分くらいは借りていると言われていました。

娘自身は、学費をすべて出してもらっていることを感謝している
と、言っていました。

上記の支出割合も、全く苦に感じていないよう。
扶養範囲内にはなりますが、バイトを頑張ってくれています。

もちろん、我が家も楽ではありませんが
私自身もすべて出してもらって卒業したので
そうしてあげたい、そう思っています。

まだ3年ありますが(苦笑)
頑張ってお仕事に精を出したいと思います^^