自分の心に水やり出来ていますか?

「自分が心から喜ぶことをして、自分に水やりできていますか?
執着ではなく、希望を持ちましょう」


この言葉は、ある方からかけて頂いた言葉です。

・・・ええ、全く出来ていませんでした(苦笑)

治るということにも執着を持ちすぎ
頑張り過ぎてもダメ。

ガンと診断されてから、上記のことを意識して過ごしました。

スポンサーリンク



自分が死んだ後の事を初めて考えました

やはり、ついつい浮かんでしまうのが

ガン=死

私自身も、そのことを少なからず意識しました。

幸い、娘自身は大学生とはいえ、20歳を超えていますし
私自身の死亡保険で、住宅ローンもほぼ返済出来る。

そんなことまで考えました。

まあ、なんとかなるだろう、と。

生きることに執着しすぎなかったことも
今思えば逆に良かったのかもしれません。

良し悪しは別にしても
次の診察まで、あまりガンについて重たくは考えず
それよりも、今までの生き方について振り返っていました。


死ぬくらいなら、ストレスは手放そう

 

統合医療の先生に
なぜ、こうなってしまったのか?そう考えた答えは

ガンにならないと、今の生き方を変えられなかった

そういうことだったんだじゃないかなと思います、とお伝えしました。
先生も頷かれていました。

私の身体が、この人はガンくらい大きなことが起きないと
自分を大切にはしないのだろう、そういことなんだと。

一番我慢していたのは

すべて家族に合わせて生活していたこと

家族のしてもらうことが当たり前になっているその態度に
とてもストレスが溜まっていたのだと思います。

そうしてしまったのも自分。

だから、この機会にガンの元凶を手放すことに。



旦那から一番聞きたかった言葉を頂きました

旦那に、ここぞとばかりに(笑)
あれもイヤ、これもしたくない。

旅行や遊びにももっと行かせて欲しい、など。

たーくさん、言いました。
愚痴ったの、結婚してから初めてかも。

とってもすっきりしました^^ 

家事や愛犬のお世話、仕事についても。
家事はその都度声をかけて、振ることにしました。

仕事については・・・

『俺が稼ぐから、もっとゆっくりしてもいいよ』

と。
実は、この言葉一番欲しかった言葉だったかも?

男性のように働かなくては対等じゃないんだ
そうずっと自分に課してきていたことが乳がんの原因でしたから。

実は、長らく更新していない間にいろいろありました。いろいろというか・・・ブログを書く気力が0になっていました。仕事もやる気にならず。家事を...

旦那もわたしも出来高制的な仕事なので
その言葉待っていました(笑)

なかなか収入面では、働かざるを得ないケースもあるので
たまたま我が家のケースはという話ではありますが。

両親からも妹からも、働き過ぎだとずっと言われていたので
よい機会なので、少しペースダウンすることにしました。

お陰で、ブログに時間が割けるようになりました(笑)

まだ自分の根底にある気持ちとは完全に向き合えてはいませんが
日常生活から少しずつストレスを手放し
ゆっくりと自分の気持ちと向き合いたいなと思っています。

ガンが治る人、治らない人がなぜいるのか?
やはり、そこには気持ちの面がすごく関係しています。

だからこそ

今まで必死に守ってきたそのストレス手放してみませんか?