あれ?これは何?歯茎のふくらみと診断結果

1年7ヶ月前のこと。

歯磨き中に、あれ?こんなのあったかな?
と嫌な予感と共に病院に駆け込みました。

診断から今までのこと。

振り返りながら経過と共に
どんな治療をしてきたのか書きたいと思います。

スポンサーリンク



小さすぎて細胞診出来ません、という診断

我が家は、毎日歯磨きをかかしません。
だからこそ、すぐ見つけられたのだと思います。

ふくらみを見つけた時、歯茎の腫れにしては違和感を覚えました。

先住犬もガンを患っていたので
ありえなくもないなと、慌てて病院に。

早速診て頂いたところ・・・

これは小さすぎて細胞診で確定出来ないかもしれない

と、言われてしまいました。
その時の画像がこちらです。

悪いモノだったら、すぐに大きくなってくるので
しばらく様子を見ましょう!と言われてしまいました。

先生の見立ては、歯茎の炎症。

でも、どうしても疑念が払拭出来なくて。

こんな時のバイオレゾナンスチェックだと思い
何件かチェックして頂ける病院などにお願いしました。

すると、すべての結果にガン反応。

大きくなるまで待っての診断なんて
これは無理だ!と思い、すぐに治療を開始しました。

素人のみきり発車(苦笑)

でも、いてもたってもいられなかったんです。
後悔だけはしたくなかったから。

体力のあるうちに始めないと
ワンちゃんの場合は、あっという間に進行しますから。

こうして、つくねのガン治療が始まりました。

その治療法の内容は次回に。