接種前と接種後の父の身体の変化

まず始めに・・・
わたしは医療従事者でもなくズブの素人です。

自分の知識の中で感じた事を今回は記事にしています。
そのことだけはご了承頂ければと思います。

先日、母から相談がありました。

父の様子が少しおかしい気がする、と。
祖母の葬式の時、父からもそんな話は聞いていました。

もしかしたら何らかの影響が出てきているのかもしれない。

わたしが診療を受けている周波数測定で
両親の全身チェックをしました。

その結果、驚くべき事実が発覚したのです。

スポンサーリンク

デマと言われていることは真実だった

まず、バイオレゾナンス?
と思われている方も多いかと思います。

これも説明がなかなか難しいのですが

バイオレゾナンスとは、バイオ(生体の)+レゾナンス(共鳴)ということであり、生体の共鳴反応をみています。各部位の周波数の測定をすることで、不調な臓器を特定し、さらにその原因まで特定していくのがバイオレゾナンスです。

これも、???な方も多いと思います(汗)
とりあえず、このお話は横に置いておいて・・・

全身測定をして分かった事実ですが
両親共に

水銀が蓄積、胃、小腸、大腸、直腸・肛門

上記に反応あり。

父においては、脳・自己免疫疾患、細胞変性に反応あり。
母は、子宮、膣に反応あり。

父は以前、わたしの主治医のもとで解毒治療をしたことがあり
重金属は解毒していたので、あれに水銀が入っていると考えられます。

以前は、主治医にこんなに
生命力あふれる老人に初めて出会ったと言われるくらいだった父。

その父の結果は
細胞や免疫系もボロボロになっていて
その上、血液凝固因子にも反応が出ていました。

警告を鳴らして下さっていた医師や研究者の方々の言葉を
改めて真実なんだと思わざるを得ない結果となりました。


 

絶望の中にも一縷の望みをかけて・・・


両親の結果に打ちひしがれる中
わたしの想像ではありますが、少し希望の光もありました。

実は、母の方は細胞も元気で、免疫系も正常。
では、父と何が違っていたのか?

それは、アラプラス糖ダウンリッチ Liposomal VITAMIN Cを摂取していたこと。

偶然母は糖尿対策に糖ダウンをとっていたんですよね。
調べた時はびっくりしました(笑)

実は、あれを接種することによって
ミトコンドリアが弱ってしまうと言われていています。

ミトコンドリアが弱ると生命力もダウンしてしまいますから。

5-ALAをとるとミトコンドリアを活性化してくれるので
母は大きく体調が崩れてはいなかったのかもしれません。

あと、ビタミンCは抗酸化作用で知られていますが
ストレスなどで副腎疲労になると、すごく消耗されます。
この辺りも援護射撃になっていたのかも、と想像します。

ストレスは血流も悪くなりますし、いいこと一つもないですからね。

 

血栓予防には水素吸入をしてもらっています

何冊か水素療法の本は読んだことがあるのですが
あれを接種すると異物がたくさん入り
活性酸素が大量に発生し・・・病気発症になるのではないか?

それと、血栓の心配もありましたので
水素吸入をしてもらうことにしました。

父は当初信じてくれていなくて
母は真面目に吸ってくれていたのですが。

その結果が今回の測定にも表れていたのかなと思います。

どこまで効果があるのか?
定期的に測定しながら、チェックして行きたいと思っています。

父にはしばらく5-ALA Liposomal VITAMIN Cを飲んでもらって。
水素吸入も頑張ってもうらうしかないかな。

この情報が少しでもどなたかの手助けになると嬉しいです。
また経過も報告して行きますね。