オミクロン変異株の出現とブースターショット

いよいよ第6波?
メディアが煽り始めましたね。

あ、どうもお久しぶりです(汗)
少し本業を頑張っておりました。

まだ落ち着いてはいないのですが
変わった名前の変異種が出現とのことで。

また不安を駆り立てて、追いお注射に向かわせるのだろうなと。

これも国としては計画通りで。
おおっ、きたな(笑)と思った次第です。

当初は陰謀論だと言われた噂も・・・
確信に変わってきた方も多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク


慌ててお注射を打たないでください

3回目のお注射に向われる方。
お子さんの接種を考えている方。

今一度立ち止まって考えてみてください。

たくさんの副反応や後遺症。
変異を繰り返しているウイルスに効果のないお注射。

命をかけて打つ意味ありますか?

南アフリカ医師会の発表では

オミクロンは軽症で、1.2日筋肉痛や倦怠感がある。
今のところ、嗅覚や味覚を失った人はいない。少し咳が出る。
自宅療養の人もいる。病院はパンクしていない。
発見から2週間しか経っていないのに、なぜ世界中で過剰反応しているのか?

と、出ているそうです。

えーっと。
これ、ただの風邪ですよね。

インフルエンザよりも軽くないですか?

でも、メディアは煽るばかりで真実を伝えません。



また私たちが怖いと騒げば・・・
政府は3回目を打てば大丈夫だと言うでしょう。

感染爆発すれば、それは打たない人のせいだとするのでしょう。

検査数を増やし、感染者を増やせば感染爆発になり
収集がつかなければ、強い権限を政府に持たせて下さいと言う。

緊急事態条項を制定するための一連の流れです。

また緊急事態宣言、行動制限され、経済は疲弊し、さらにインフレ。

これでもまだ政府の言うことが正しいのでしょうか?

わたしは信じることは到底出来ないので
家族を守るために、情報収集し
もしもの時のために備えて行きたいと思っています。

1人でも多くの人が気付き、これ以上世の中が悪くならないよう
切に願っています。