海外では家畜にmRNAワクチンが始まりました

これ、わたし達の生活にも直結です。
お肉が食べられない時代がやってくるんでしょうね。

辛いっ

オーストラリアではどの州だったか
畜産業者に義務化命令が出ているようで。

牛さんも打った直後に、沢山なくなってるようです。

もうね、こう言ってしまうのもなんですけど
私達人間は分かるんですよ(いや、分かりたくもないけど)

地球を汚したりしている張本人ですからね。
でも、牛さんに罪ないんですよ。

そんな話を聞くたびに、本当に胸が痛みます。

スポンサーリンク



遺伝子組み換えワクチンを打った牛が市場に

本当に怖いです。
最近ニュースでもよく見かけますが・・・

培養肉

照らし合わせたように登場!
いや、これも計画通りなんでしょうけども。

日本の企業もたくさん参加しているようですね。
もっと違うことで頑張って欲しい。

遺伝子組み換えワクチンを打たれたお肉か培養肉か?

もう、どっちも正直勘弁ですよ。
でも、やっぱりたんぱく質って体に必要で。

妹とも相談しながら、せっせとたんぱく源を確保しています。



こちらは、こてんぐさんで扱われてる
チキンささみほぐし肉水煮 国産 袋詰 1000g 

こちらレトルトパウチで、賞味期限2年!
お肉が缶詰ではなく、これだけもつのは嬉しい^^

あとは卵も缶詰で備蓄しています。



卵も貴重なたんぱく源ですよね。
うずら卵 国産 JAS 業務用、国産です。

避難先の実家では、最大10人で住むことになるので
このくらいは、すぐ消費しそう。

それに、こども達ってうずらの卵好きですよね。

あとは、やっぱり鯖缶やシーチキンなど。

伊藤食品 あいこちゃん 鯖 サバ 水煮 缶詰 
は、妹とも好評で沢山備蓄しているのですが・・・

半年ほど前よりもかなり値段も上がってきてますね。

ぎりぎりまでローリングストックもかねて購入していきますが
来年は倍々ゲームのように値段が上がるとも言われているので。

今どれだけ準備出来るか?

これにかかっているのだろうなと。

今は最終チェック段階に入っていて
当初2年で準備していたので、調味料を追加したり。

心配すればきりがないんですけどね。
あと少し頑張って行きたいと思っています。